カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 深刻 スカッパー絡みの割れ、水漏れ

<<   作成日時 : 2012/08/15 11:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

くらげ商店 本日も元気に営業中です。

実は店舗では密かに訴えておりましたが、正規代理店が辞めちゃったり、移行したりで、あまりご迷惑をおかけしないようなんで、あえて言わせていただきます。

先日のウノケンさんのマンタレイのスカッパー絡みの船底割れ修理。

実はマンタレイだけでなく、他のカヤックでのご相談が多くあります。
因みにマンタレイではくらげでは初です。

お陰様でオーシャンでは1件もありません。

これはカヤックメーカーのせいだけでなく、使い手によるものも原因の一つかと考えられます。

ポリなんで同じ素材で溶着すればなおります。
画像

工業用のヒートガンを使っております。

実はアメリカには2液性のポリ専用接着剤が存在します。デモ動画を見るとチェーンソーでカヤックを真っ二つ。
それをその溶剤で接着。バリバリ浮いてます。
そんな溶剤・・・なんですが、日本輸出禁止です。なんかヤバい物質でも入っているのでしょうか。


カヤックは上型と下型で作られておりますので、水抜きのスカッパーホールが上下のズレを吸収しているのです。
シットオンカヤックで一番負担がかかる場所でしょう。いつのまにやらクラックや割れといった症状が出る場合が多々あります。
本来ならメーカーがその硬化を計算して作っているのが普通です。
ポリ艇は石油精製品。精製した時点から硬化は始まっております。時間が経過したカヤック程、発生する可能性は上がります。
それが普通としておtります。
ポリ艇は溶着で直せる利点があります。
個人でも可。ホワイトウオーター真のパドラーの方は100円ライターであぶって直すとのことです。
そんな難しい訳ではありませんので個々で直してみてください。


先に書きましたが、オーシャンカヤックではスカッパー絡みの割れ、水漏れ修理は1件もありません。
でもヤンキーが作ったんで、くらげ商店ではもしもの時の対応できるように準備はしております。
画像

修理用スティック。常備しております。
タダです。
が、修理用なんでくらげ商店で買われた方限定。改造等の時はお断りしております。
ほんとうにもしもの時用なんで、クレクレ言わんでください。笑

売り手サイドからすれば買い替えが一番良いですが・・・・残ったカヤックは中古艇として出回ります。
その艇に乗った方は・・・・ご想像にお任せ 笑

くらげ商店のお問い合わせは中古かWEBで売りっぱなしスタンスから買った艇が殆ど。
修理ができなくはないのだけれど、お断りしております。

海は生活圏外。修理失敗したら死んじゃうかもしれません。
そこまで責任を負えないし、新品をお店で買ってくれたお客様に申し訳ないです。

メジャーメーカーのポリシットオンカヤックはだいたい10年は持ちます。

最初からしっかり選択をお勧めいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

深刻 スカッパー絡みの割れ、水漏れ カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる