カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ルアーの色の話 

<<   作成日時 : 2012/08/27 11:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

釣具屋を営んでおりますとシーバスなり真鯛なりルアーの色が重要な要素となってまいります。

ちょとの色の差が釣果の差。。。そんな事が良くあるもの。

それはバスフィッシングだけでなく、カヤックフィッシングでも多々起こる物。勿論シーバスだってありえます。
特に釣れ釣れのルアーは、お客様の中には箱買いする方もいらっしゃる訳で、ナカムラ自身も重々承知の介。売れればOKの釣具屋は『はい喜んでで』あります。
悲しいかな釣り師という生き物は”釣れる”=”どうしても欲しい”という物欲には敵わなく、web上でとんでもないプレミア価格がついたりするもんです。

ところが、ルアーの中には魚より人が釣れるカラーっていうものが存在し、釣果的には?というものもございます。

厳密に言えば、そのエリアだけなのかもしれないし、若干のリーリングスピードの差もあるかもしれません。

画像

コモモ シラスカラー(当時とはちょっと違うけど)
定価2000円位のルアーでしたが、当時、webオークションで、ウン万円なんて価格がついておりました。

で、カヤックフィッシングを始める前の話。
多摩川シーバスウエイディング。お客様は苦心の末、大枚はたいて、そのルアーを手に入れてナカムラと意気揚々と釣行。
一方、ナカムラが隣で使っていたのがこのカラー。ルアーは同じ。
画像

当時、お店で売れ残っていたカラーw。

ほぼ同じ場所 同じようなタックルだったんですが・・・
プレミアカラーはおでこ。ノーバイツ。
一方ナカムラの売れ残りカラーは80オーバー3匹と他、多数。

余りの釣果差でプレイアムカラーのお客様は・・・・コケて水没。ウエイダ−に浸水全身びしょ濡れ。 爆
ナカムラはザマミロ大笑い。

そんな思いでのカラーであります。金の力もカラ回り。
ナカムラは金で解決できるものはなんでもする主義。道具の力は金で解決。そんな事を言っておりますが、それが無駄になることは当然あります。

道具はなんだっていい・・・・・
カラー何得関係ない・・・・・・・

そんな事を言って言うお客様もいます・・・否定はしませんが、以前、このブログで書いた道具の力といものはそんなナカムラの経験から言っているのであります。
金で解決できるもの。
それは道具の力。

自然状況は金では買えません。

プレミアムカラーを大枚はたいて買ったお客様。
釣れなかったけど、大枚はたいた甲斐あって、貴重な経験ができたんじゃないでしょうか。

まあ、ルアーは金の力を使って沢山色々な色を持っていたほうが良いということであります。

明日、明後日はくらげ商店 店舗はお休みを頂きます。
連休なんですが、私用のゴタゴタが発生。遠征は無理。金も無いし・・・・・
朝だけでもなんとかかんとか浮きいものです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ルアーの色の話  カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる