カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS トライデントとプラウラーとくらげSP

<<   作成日時 : 2012/10/11 14:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日、一昨日と浮けませんでした。
終日風吹いてました。

週末、皆さまが浮けると、翌週お休みのナカムラは浮けません。
天候サイクルのようです。
また、その逆もあります。5月連休前はナカムラ絶好調ですが、連休中は悪天が続きました。
仕方ないですな。

東京湾奥運河というメンコもあったんですが、その気になれず 笑

天候と様子見で、どこかで浮けるチャンスを見出しましょう。

昨日、一昨日と何回か店舗に来てメールチェックやら伝票書きやらお仕事しておりました。

一番多いお問い合わせがトライデントとプラウラーそして くらげSPの違い。


画像

これがトライデント。
写真のサンライズしか在庫がございません。一機一機色の感じは違いますが、全体的にもっとアンニュイなグラデです。
画像

これがプラウラー イエローが在庫です。

以下、トライデントくらげSP 特注カラーです。
画像

ライムです通称ケロヨンカラー。太陽光線に透かすと綺麗な緑色になります。
画像

マンゴー 通称マントラ 昼間は勿論、うす暗い朝方、夕方の逆光でも視認性の高い色。

3タイプとも基本構造は同じです。装備品が違うだけ。早い話、どれもトライデントなんです。
アメリカ本土では昨年10月からトライデントとプラウラーで分けていましたが、くらげ商店ではトライデントで販売しておりました。
プラウラーとトライデントの違いは
シート形状とロッドポッズハッチ。トライデントは新型シートと新型ロッドポッズハッチ付き。
では、ロッドポッズハッチは使いやすいのでお勧めです。(部品でも販売しています)
シートは微妙。ナカムラ的にどっちでもいいか・・・・そんな感じ。どのみちスクウオーッシュに交換です。笑

くらげSPは色の違いです。
トライデントはイエローとサンドが圧倒的に多いカラー。
『他の人とは同じ色はいやだ』という方の為の色。写真のライムとマンゴーが在庫です。
レッドは完売。もう絶対に入りませんて。ライムもマンゴーも残りわずかです。

新型ロッドポッズハッチが標準装備です。
納艇時はロッドポッドが塞がった状態で納艇。糸ノコでゴリゴリ開けてください。5〜6分で空きます。
それから、フラッシュマウントロッドホルダーとバッテリーBOXはついてません。
コストダウンの為、省きました。好きにカスタマイズしてください。
勿論、バックシートは標準装備です。

因みに欠品色が出てきましたが、次回入荷は目途が立っておりません。
今年中はないです。
申し訳ございません。

重要なお知らせ 12月に値上げ通告がありました。未だ交渉はしていませんが、多分値上げ。
1万くらいとのことです。
15に至っては2万くらい。

迷っている方。今がお早目に。

ウルトラについては絶望的。

オーストラリアで作っているので、新たにコンテナを依頼しなくてはならないこと。
商社が”オーシャンカヤック”のパテントを持っているので、新たにオーストラリアでマリブ−オーシャンのロゴを作らなくてはならない事。
なにより輸入担当者が”重いカヤックはいけない”という固定観念を持っていること。
『違うんだよ。重いカヤックは水面に張り付いて釣りとシンクロさせ易いんだよ。重いのは車載時だけ一時なんだから。ビックゲームがそうじゃん。』

何度説明説得したことか・・・・・・・もー疲れました。笑
ナカムラもウルトラ頼んでいましたが・・・もう、ビックゲームあるからいいや。

ただ今、そんな感じでございます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トライデントとプラウラーとくらげSP カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる