カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS カヤックフィッシング その198 多摩川河口

<<   作成日時 : 2012/10/31 14:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昔、昔その昔。
今はおじいさんですが、昔は血気盛んな若者。それはもう 朝なんかビンビンでありました。

そんな若者はウエイディングシーバスが大好きで夜な夜な多摩川に浸かってシーバスを釣っておりました。

都市型河川。多摩川・・・真ん中に鼠島という船でしか渡れない小さな島がありますが、その下流に大きな馬の背があることをその若者は知っておりました。

『ああ・・・・あの馬の背に渡って釣りしたいな〜。きっと沢山釣れんだろうなる〜』

ところがひょんなことからカヤックという遊び道具の存在を知ってそのアイテムを手に入れる事に成功。

鼠島馬の背に潮に関係なく渡る事ができるようになって数々のメイクドラマを作ったとさ。

めでたしめでたし。


と、言う訳でくらげ商店 お休みなんですが、ナカムラは私用で・・・・・
と、言って諦められるはずもなく・・・・
いや、体の具合が悪いです。

カヤックフィッシングではタブーと言われている夜航行。
以前ナカムラは
『シーバスは昼釣るものです。夜は寝るものです』と、キッパリ言っておりましたが・・・

夜遊びしたくなりました 笑

早い話、みんなカヤックで昼シーバスやっているんで、こんなスタイルもあるんです。
こんなスタイルからカヤックフィッシングは始まったんです。
というのは表向き。

ヘソ曲がりなんで 笑

画像

夕方 カヤック積んで出動です。縦積みはRAMちゃんのマリブU通称ケロヨン号 取材の為お借りした艇を返却
その足で河口に向かいます。

今回使用したのはトライデント11アングラー 砂トラ11 久々の登場
画像

コインパーキングから住宅地抜け、土手越えて(これが大変なのでトラ11)、芦かき分けてエントリー
画像

土手へ
住宅地抜けなんですが、絶対に不審者です。たまに通行人に会いますが目をそらされます 笑
画像

目的の鼠島下流で入水
画像

河の真ん中でこんなに浅いのであります。

こんな感じで釣りしています。 カヤック本体はロープでお散歩カヤックであります。
ほんの数センチしか沈んでいませんので結構轟々流れていますが負担は少ないです。
画像


画像

フッコサイズですが、そこそこ飽きずにつれますな。
久々なんで楽しいです。

ところが事件勃発
画像

コノシロ入れ食い。口で喰ってくるもの、スレるもの・・・・・

これって
知る人ぞ知る 多摩川ランカーシーバスパターン発動中じゃん?

ルアー選択 間違えた!!!いや、釣り方選択の間違い。悔しい〜

俺としたことが・・・・・・・不覚です。

と心少し折れながら終了です。

帰りは昔を忍んで新生ラーメンとNEWメニューのにんにくチャーハン
画像


画像

量はご覧のとおり多め。味つけはショッパめ。さすが労働者の町 川崎です。

その昔 自称多摩川キング 略してタマキン
心折れかかった老兵を癒してくれるのは炭水化物だけですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カヤックフィッシング その198 多摩川河口 カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる