カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS カヤックフィッシング その212 ナカムラ浄化される その2

<<   作成日時 : 2013/06/25 12:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

そんな訳で装重量150kgの重戦車は真のカヤックと海に出ます。
画像

画像

画像

画像


鈍いくせに魚探反応がある所で我慢っできずにルアーを落とすものだから・・・・
(司令官も)

ドべです。 笑

画像


身軽にして再び海へ。
大きな魚を釣ってビックリさせるつもり・・・・・・

アタリはあったんですが・・・・・ほげりました。海は甘くないです。

よーし、それなら夜明けと共に出て爆ってやる。と意気込んだんですが・・・・

画像

キャンプしながら夜は更けていきます。お約束のカレーが旨い。
火を囲みながらキャンプを満喫します。

朝3時、目を覚ましてテントを出ます。

山合いから碧い月が静かな湾を照らしています。
砂利浜なので、小石が波の打ち返しで何百という木琴楽器演奏のような、それでいて静かにひびくように音を奏でます。
はたして自分は目を覚ましたのだろうか・・・
まだ夢の中?

そんなまどろみの中

また寝ちゃいました。

すっかり明るくなって再び目を覚ました時はこんな顔。艇のセルフで撮ってみました。
画像

写真で気がついたのですが、猿になっていました。 爆

尾鷲の自然が毒気を抜いてくれたようです。

何人かの方に釣れました?聞かれましたが、
コレコレこー言う訳で海に出れませんでした答えると
にっこり笑って『それは良かった』

全員が全員、同じ答え。
ツーリングパドラーの方達はお見通しでした。恐れいりました。

ナカムラは見事に浄化されたのであります。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カヤックフィッシング その212 ナカムラ浄化される その2 カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる