カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS カヤックフィッシング その233 竜宮島沖

<<   作成日時 : 2015/05/04 14:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前日は半日。やりきりません。半日ゆっくり休みます。
休みながら考えます。

今回の鯛のキーワードは『赤潮』
詳しくは調べないとわからないのですが、釣った鯛のほとんどがこの赤潮をはきだしました。
食べていたと考えられます。
以前、伊豆で釣った鯛もこのゴミの中から釣り上げたものです。

画像

かといってこのゴミが多すぎるとダメっぽい。
画像


太平洋側でも毎年、この時期になると出現しますが、イワシやムロアジなんかは狂ったように食べるプランクトンです。

さて今回は岩地ではなくて砂地であろう場所を選択します。
角島を挟んで逆。
理由は簡単。根物を避けたかったことと、ナカムラの能書きで釣れるポイントを選択したのではなく、山口県の海全般が豊かなのではないか・・・・・・その確認です。
これで何か釣れたら・・・・誰でも釣れる海だということだ。

選択したのは小串の海水浴場・・・・・・の隣。駐車場もあってエントリーしやすいばしょでした。
沖にテトラが沈んでいて、離岸着岸が楽。近くにコンビニもあっていい感じであります。
画像

今回は沖の島をめざします。
写真に見えるのが男島。その先に女島があってその先が竜宮島でただの磯島です。
地図でみると2kmくらいかな。
体力を測るにはいい感じ。で、近くからみると底は明らかに砂地であろう感じ。

朝も早くからでますが・・・・・
画像


男島横あたりから小鯛の猛攻。やめて!!
画像

これで確信。

だれでも釣れます。泣

そんなこんなでシーバスがつれだしました。なんか新鮮で嬉しい。
画像

画像

逆光すいません。

しかし、人気のエリアなんですな。船がいっぱい。
おまけに引き釣りおっぱじまって・・・ナカムラの周りを操業。
いや、来る船、来る船、みんな各自の狙い方をしているんで、たまたまシーバスポイントにナカムラが乱入したんでしょう。
画像

ちょっとムッとしています。

いっぱい竿曲がったからまあいいか。

昼前には退却です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カヤックフィッシング その233 竜宮島沖 カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる