カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界一能書き満載のフィッシングカヤックシートを作ってみた

<<   作成日時 : 2015/10/04 13:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ガイドや講習のほうも一段落。

艤装も気が向くまま適当に進行しています。

ネット、クーラー、そしてパラシュートアンカー(停滞中 笑)

無駄に海に出てテストしていますが、たまに竿を出す程度。釣果はボチボチ。
頭が艤装にいっちゃっていますので、魚釣ってもさほど嬉しくないですわ。 笑

とっとと岸のご帰還。先日なんかハッと閃いて10分でご帰還であります。

陸カヤックフィッシャーであります。

『ああ・・・・こうやって能書きジジイになっていくんだ』 

陸で昔の栄光やどうでもいい雑学を語るジジイ・・・・・見苦しい・・・・・いるよね。さっさと引退すればいいのに。
と、昔は思っていましたが、まさか自分の番になるとは・・・涙

さて、話を戻します。先日作成したソフトクーラーのおかげで艤装のバランスが大きく崩れました。
ポジションが動きませんから動作に手順があります。早い話、右手でロッド、左はネット、ロッドを置いて、ボガに持ち替えて・・・・てな具合。
カヤックフィッシングにおいて大切なんです。

ここにきて更に、ナカムラの艤装品は長いこと海に浮いていて布は擦り切れ、塩分と紫外線で道具が劣化。

買いたいんだけど、物が無い。・・・・・・・・金もないし。笑

あったとしても・・・・ショボイ・・・・ショボすぎる・・・・・・・・・困

艇は能書き満載で進化していますが、艤装品は・・・・いかんです。
しかも白色人種が作った商品に骨格や文化が違う黄猿に合うはずもなく・・・・・・いや、今回は特にそれを痛感。

作るしかないな。・・・やむなく制作にとりかかりました。

まずは知り合いの椅子職人さんにお話を伺いますが・・・・・

その話というのが
日本文化に始まり、白人文化となり、オネーちゃんの話挟んで、骨格の話、そしてお金の話で・・・
やっぱりオネーちゃんの話に戻ってしまう。
オネーちゃんと言ったらお尻でしょ
てな具合。
ナゲーヨ。
勘弁してください。

で、ここでは割愛・・・・・・本できちゃいますから。笑

早い話

坐骨を立てないスポーツ(日常生活を含む)は体に色々弊害を及ぼすらしい・・・・こと。。
日本人は背中で寄りかかる体型になっていない こと。

そういえば・・・カヤックフィッシングを始めて3〜4年後・・・・・・尾てい骨部に穴あいて1ヶ月程入院・・・・・したっけ。漕ぎ方ウルトラ勘違いしていました。つじつまがあっているワ。納得。

自転車、バイク、乗馬等など、そしてカヤック(カヤックフィッシャー以外 笑)・・・・正しく乗れていれば、坐骨立ってます。

キックボートの方・・・ご注意です。
その艇・・・・日本人にあってませんよ 笑 ケツに穴あいてください。 爆

しかし、困ったものです。釣りしている時ってバックシート寄りかかるんですよね。無意識に重心そのままで漕いじゃいます。海がベタなら尚更。そんな時って確かにジワっと疲れてる
椅子の達人の教えに従い、今回はアイデア閃いて、座部を凸に、更にサブのバックレストを付けることのしました。

まずは過去のバックシートの寸法取り
画像

で、
バイト中。ボーっとしている時にイメージします。
勿論、仕事しているフリ。この仕事に対する姿勢は社会人の基本 爆

帰ってからスケッチ
画像


因みにナカムラの落書き帳
画像

ボキャブラリーが貧困なんで、勉強以外の好きな事をノートに書き留めるのは小学校の頃からの癖。
ああ、、、あの頃、勉強を書き留める癖がついていたら、こんなジジイにならんかったもののと思いながら・・・・

昔はジャポニカ学習帳の怪獣物だった気がする・・・・ガメラとかウルトラマンとか・・・・笑
仮面ライダードライブって・・・・・なんだ?

で作製にかかります吸水性の少ないフォームをカット
このフォーム。バイト先で見つけました。
土木屋さんがコンクリ枠に使ってます。(seikenさんありがとう)
ビーバープロで売ってました。
画像

技術がないからテキトーに切ってますが・・・自分のケツにあわせてます。

どう、寸法を取ったかは秘密。(説明面倒なだけともいう。早い話、坐骨と筋肉と脂肪)

暇みてコツコツ
本来ならフォームを帆布でくるんで、工業用ミシン一緒に縫うのが普通の工程。

工業用ミシンなんてあるはずもなく・・・・

勿論、技術もない・・・・・

この固めのフォームをベースに3種のフォームを使い分けました。

力掛かる部分は手縫いと接着剤。

最近の接着剤はすげーよ。
これもバイト先で見つけました。コンクリに点字帯を貼り付けるボンド(大和小田急さんありがとう)

布はユザワヤのイカスおネーさんに相談した所、帆布ではなく、麻を勧められましたが・・・・大和店では薄いタイプしかなく、2重に。(これもボンドとアイロンで)

画像


コツコツ

画像


画像

底です。それなりにテスト山盛り、能書き満載。
おしっこ汁、ケツについたらやだかんね。

途中、材料切れで横浜のユザワヤ行ってみると・・・・
なんだよ厚い麻もあるんじゃん。
画像



無駄な工程もハンドメイドのうち
画像


画像

坐骨を常時立てるサブバックレストもつけて

やっと形になりました。

画像


画像


釣具屋の頃、手に技術のある人に頼んで作って貰ったテスト商品。
言うが易しでした。

今回はめちゃくちゃ時間がかかった・・・・まだ、現場調整、耐久性があるけど。

モノ創りって大変だわ。

因みにこれは商品販売のデモではございません。切羽詰って作ったけど、人のを作るのはお金でも沢山貰わんとやってられないです。
カヤックすると腰や尻が痛い方。
腹に脂肪が沢山付いて方。
日本人体型に自信がある方。
ケツに穴が空くのが嫌な方。

あ、一部有名カヤックフィッシャーの方。
(オメー、写真みると顎上がって視点上むいてんぞ)

作れるものなら作ってみたら?大変だから。 爆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

世界一能書き満載のフィッシングカヤックシートを作ってみた カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる