カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS カヤックフィッシングの旅3 愛媛県 編

<<   作成日時 : 2016/06/26 03:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

金がないっす 笑

生活費もままならない毎日です。爆

まあ、あれだけ遊び呆けてしまったので仕方ございません。

さて、鳥取でツボを見つけてしまったナカムラは翌日はほくそ笑みながら爆釣を試みますが・・・・
高気圧が強すぎて、思いがけなく海は荒れ気味。
出るには出れたんですが・・・沖で散々悩んで、苦渋の選択 岸に戻ることにしました。
まあ、答えが出ちゃっていたんで、悔いはないです。

因みに
釣りに行きました〰の
釣れました〰の と
通常の流れではその場所に留まって、釣った絵を出すのが普通ですが、
釣り業界古狸だったナカムラには 流石に釣れるのが解って魚を釣るのは若干飽きました。
かといって、100%釣れるという確証はないのですし、釣れないより釣れるほうがいいのは・・・・微妙。
浮けない石川県は通りすがりでイワナ釣って終了。尻尾巻いて一時退却。

そう一時戦略的撤退なんです。


そんな訳で、ナカムラの釣り人生上で北陸、山陰と無事?釣破であります。

まだ釣った事のないエリア愛媛県を目指します。
徳島県と香川県は雑誌取材で釣ったことがあるので、ここで一気に四国釣破を目指すつもり。
画像


実は、愛媛県。瀬戸、伊予と大きな海が有名で、漁師や遊漁でポイントが開拓され尽された感があり、ナカムラもポイント情報は若干把握しちゃっていたのです。

そこをやったら武者修行の意味がなくなっちゃう・・・・

と、言う訳でかなり探し周りました。
画像

探し疲れて候補の河口で落ちたり・・・・
画像

途中の道の駅でお弁当買って、地の魚を確認したり

画像

細い路に入って出られなくなったり

地の釣具屋も面白かったな〰

実はこれが面白んですよねぇ。意外と皆さんは気がついていないようですが、釣りする直前も釣りしてるんです。

そんな訳で前の映像はナカムラ的には超駄作。編集していてつまらない。
釣果的にはショボい今回ほうが面白いです。

まずは映像をどうぞ


で、ナカムラが選択したのは長浜
河口に大きな洲があって、大洲の名前はここからきているようです。このエリアを選択するのに3日かけちゃいました。

広いエリアなので、急流はないと考えていましが、甘かった。なかなか面白い流れでした。
映像でお分かりかと思いますが、艇がガコガコ横ぶれしています。


釣りが終わり、艇を車に積んでいる時に地元のカヤックフィッシャーの方に声掛けられました。
高校の先生をされている方だそうで、
学校の授業にもカヤックを取り入れているようです。子供達うらやましい。
なんでも四国で初の水族館があったそうですが、閉館。今はお風呂屋になっていますが、子供達は復活を目指しているとのことですが、お風呂もいい湯だった・・・・・

エリアも整っていますし、これからが楽しみです。上手くやれは人を呼べるには十分ですね。

他のカヤックフィッシャーと楽しい会話の中に・・・・
答えが出ちゃった・・・・・
だいぶ開拓されていたようです。 海出た後で良かったよ 笑
でも、地形の変化もあるし、時期を踏まえて、じっくり腰据えれば開拓の余地はまだあだありそうでした。

という訳で退散、次のエリアに向かいます。

追伸ですが、フラッグについてちょっと語っています。以前は販売の立場もあったので強く装着を言っていましたが、正直、浅い意見です。今回、上手い具合に安全の為の装着によって出る危険のロケーションがでましたので、提議しておきます。
装着についての答えはカヤックフィッシャー個々にお任せします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カヤックフィッシングの旅3 愛媛県 編  カヤックフィッシング ナカムラの軍曹的な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる